保険でのガラス修理のカバー範囲|横浜市のガラス修理や窓の工事は地元横浜のガラス屋さん相川硝子修理店にお任せください。

相川硝子修理店

FAQ

保険でどこまでガラスの修理をカバーできますか?

先日の台風で、家の小屋のガラスが割れてしまいました。
小さな窓だし、特に小屋の中に盗まれて困るものもないので、とりあえずダンボールを使って雨水が中に入らないように応急処置をしていますが、横浜で安くガラスの修理をしてもらえる業者を探して御社のホームページを発見しました。
実は、以前も東京の実家のガラスが割れた時にも親がガラスの修理屋さんを呼んだことがあり、その時はガラスの修理に保険を使えることを知らなくて、実費で支払いをしましたが、御社のホームページ上に各種保険対応と書かれているのを見ました。
今回のようなケースでもガラスを無料で修理できるのか?また、他にもどのようなケースで保険が適用になるのか?分かる範囲でお知らせください。

answer

プランや付帯のサービスで補償内容は異なります。


窓ガラスが割れて修理が必要な場合は、主に火災保険で補償してもらうことができますが、加入しているプランや付帯のサービスによりその内容は異なります。
台風や突風や強風などによりガラスが割れた場合は、風災補償が適用になり、泥棒に入られた場合は、盗難補償でガラスの修理を行うことが可能です。
その他にも、外からボールや飛んできたり、鳥が衝突してガラスが割れた場合や、子供が遊んでガラスを割ったり、家具を動かした時にぶつけて割ってしまった場合にも適用になる補償などもありますので、事前に保険証券などで確認して、不明な点は保険会社に問い合わせてみましょう。

PageTop