@import url("/datacss/pc-seotag.css");

横浜のガラス修理ならお任せ下さい。

相川硝子修理店

横浜のガラス修理【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でガラス修理をしています。普段、生活をしていてガラスが割れてしまうことがあります。そうなると、どのように対処すればいいのかわからなくなってしまうでしょう。そんなときに、私たちはすぐにお宅にまで伺い、ガラス修理に対応することができます。ガラスの修理だけではなく、結露対策や防犯対策、ひび割れ、サッシの不具合にまで対応することが可能です。交換するガラスについても、普通のガラスだけではなく、ペアガラスや防犯ガラスの交換をすることもできます。地元に密着していて、困っている

ガラス修理 横浜

ときには素早く駆けつけて仕事を早く行うことを心がけています。ベテランの職人が多数在籍していて、熟練した技術によって質の高い工事を行います。割れたガラスの破片はすべて回収してこちらで処分させていただきます。防犯や防音、遮熱など特別なガラス工事への対応も行っています。24時間年中無休で対応しているため、ガラスに関して気になることがあれば、どんなことでもいつでもご連絡ください。見積りは無料で行っているため、どのくらいの費用がかかるのか知ってから依頼したい人も安心して問い合わせできます。ガラスで困ったことがあるときには、相川硝子修理店(プロ・リフォーム)をお願いします。

01夜間・緊急時の対応可能な横浜のガラス修理店とは?

「うちはガラス修理したことがない」「泥棒に入られても盗られる物がないので防犯対策していない」など、ガラス被害は空き巣によるものや、稀な飛来物による破損のイメージが強いものです。ところが、頑丈と思えるガラスに一度ヒビが入ると大きな怪我を引き起こす危険物になります。泥棒に何も盗られなくても窓を割られ、入室されたことによる精神的ショックは大きく、割られたガラスはすぐにでも修理しないと危険。鍵が壊れ、窓が割れたままでは物騒で外出もできないでしょう。
アクシデントはいつ起こるか分からないため、もしもの時に速やかに対処できる対策を取っておくのが賢明です。水道業者や馴染みの電気屋さんと同じように、地元で信頼できるガラス修理店を見つけておくと安心です。
横浜のガラス修理店では、日中はもちろん、夜間や早朝を含めた24時間対応。横浜市内ならば電話一本でガラス職人がすぐに駆け付けます。まるで救急車のように、お客様のお困り時に迅速対応し、一般的なガラスならばその場で修理・交換が可能。ガラスだけでなく、サッシの修理や交換も行っています。
家財保険や火災保険などの保険対応も相談できるため、万が一の事態に心強いガラス修理店です。

02ガラス修理業者の利用が初めての方へのおススメポイント

日常の生活でガラスが割れるのはグラスや花瓶、灰皿等の小物の破損がほとんどで、大きなガラス面への被害を受けたことがない方もいるでしょう。それはとてもラッキーなことです。
ガラスが割れるケースの多くは外部からの影響によるもので、空き巣被害や自然災害、飛来物による破損などが代表的です。また、お掃除中に誤ってガラス戸にぶつけてしまったり、お子様がおもちゃを投げたことでヒビが入った、というアクシデントも起こり得ます。
全てが予測不可能で突然起こるため、精神的なダメージも大きく、怪我の危険性が高いのもガラス被害の恐ろしさです。そのようなアクシデントが発生した時には速やかな対処が不可欠ですから、お住まいのエリアで緊急対応可能なガラス修理業者を探しておくのが賢いです。

ガラス修理業者の利用が初めての方へのおススメポイント

横浜にお住いの方にお勧めなのは地域密着店で地域最安値を誇るガラス修理店です。修理費用は決して安いものではないため急な出費は厳しいもの。
"出来るだけ出費を抑えたいけれど手抜き工事も避けたい"という声を受けて地元の皆様第一のサービスを実践されています。ベテランの職人がお客様の非常時に駆けつけ速やかに対応してくれるため安心です。

03ガラス修理発生時の3つのお悩み

窓ガラスやガラス戸にヒビが入ったり、割れてしまうハプニングが起こると、突然のことにびっくりしてしまうものです。ガラスのトラブル発生時には二次被害を避けることが望まれるため、緊急時であっても行うべき3つのことを押さえておくようにしてください。

1.お子様やペットを近づけないようにする

2.割れている場合は軍手をしてから大きな破片を拾う

3.ひび割れはガムテープで固定して広がらないようにする


ガラスが割れている場合、広範囲に破片が飛び散っている可能性があるため、お子様やペットが近づくと危険ですので近づかないようにして下さい。
安全のために室内であっても底の厚い靴に履き替えて、軍手をした上で大きな破片を拾うようにしてください。手足が露出していると怪我をする危険性があるため、肌をしっかり覆う丈の長い服に着替えるのが安全です。
ガラス片は危ないため、新聞紙に包んだ状態で段ボールにくるむようにすると怪我をしません。
破片を拾う際の注意は掃除機を使用しないことです。破片を吸い込むことで掃除機が傷つき、故障の原因になります。小さな破片は粘着ローラーを使用して丁寧に取るのがおすすめです。
ひび割れ状態であれば、ひびが広がらないように段ボールを当ててガムテープをで固定するのが効果的です。
いずれの場合も、なるべく早くガラス修理業者に来てもらい交換してもらうのが賢明です。

04ガラス修理の目的や施工工事の種類について

ガラス修理業者が行っている工事はガラスが割れた時の修理だけではありません。
「ああ、そのようなことも相談できるのか」と改めて気づく施工工事も依頼出来るためチェックしてみて下さい。
ガラス修理の目的や施工工事の種類
・ガラス交換(断熱ガラス、ペアガラス、ガラスフィルム、防音ガラス、特殊ガラスなど)
・網戸張替え
・鍵付きクレセント取付
・鏡修理
・戸車、ドアクローザーなどの修理
・サッシの調整、交換
・特注の大きな窓の交換
・自動ドア修理
以上のように、窓周りの工事全般に加え、鏡の修理もガラス修理業者に依頼することが出来ます。災害で立て掛けていた姿見が転倒してしまいヒビが入ったり、割れてしまった場合はガラス修理業者にご相談されるとよいでしょう。
そして、気密性のない窓からは隙間風が入り、冷暖房が効きにくくなり、結露が出来やすくなります。そういった対策にもガラス修理は有効であり、修理をすることで冷暖房費が節約できる、冬も寒くない、といったメリットをもたらします。その為、築年数の経過したお住いの方がガラス修理を検討されるケースは少なくありません。
地震や台風の多い日本ですから、災害時の事前対策や、被害に遭った場合の速やかな対応のためにも、お住いの近くで信頼のおけるガラス業者を見つけておくと心強いでしょう。

FAQ一覧

PageTop